葛飾第二支部(亀有駅前タクシー乗り場)

 

 待望だった満開の桜も冷たい雨に降られ、花冷えの一日となってしまった、4月11日(火)午後2時より、亀有駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協葛飾第二支部から支部長、副支部長2名の計3名と日個連千住協組3名の計6名が集まった。  現地に集まった両支部はお互いに名刺交換を行うと、南口と北口のロータリーに支部毎で分かれることを決め、葛飾第二支部は南口ロータリーを担当することとなった。開始時間が近づくにつれ、雨脚がさらに強くなり、一時は延期も考えられた清掃活動であったが、「雨だといってゴミがなくなるわけではないから」と傘を差しながら清掃を早速開始。「南口は北口のようにタクシープールで待機する有志が清掃を自主的に行っていない分、少しゴミが多い傾向がある」と支部長の言葉通り、ロータリー周辺にはタバコの吸い殻や空き缶、レシート等がちらほらと落ちていた。冷たい雨のせいで手がかじかんでしまうほどであったが、「雨だからかえって落ちているゴミが目立って拾いやすいね」と笑いながら手際よくゴミを拾い、1時間もすると駅前はすっかりきれいに。清掃活動は無事終了した。

葛飾第二支部支部長談
 「亀有駅は地元ということで、支部員もお世話になっている愛着のある駅です。その場所を利用している方に、個人タクシーが清掃している姿を見ていただくことで、個人タクシーへの印象を良くしてもらい、タクシーをもっと使ってもらえるようになればと思います。今日はあいにくの雨でしたが『雨だからこそ、気を抜かずにしっかりやろう』という気持ちで清掃を行いました。このような活動が継続されることが大事だと思います。」