ja Japanese
×
zh-CN Chinese (Simplified) zh-TW Chinese (Traditional) en English tl Filipino fr French de German id Indonesian it Italian ja Japanese ko Korean pt Portuguese ru Russian es Spanish th Thai vi Vietnamese

葛飾第一支部(JR亀有駅)

(写真提供:東京交通新聞)

 梅雨らしい曇り空とともに蒸し暑く汗ばむ一日となった、6月18日午後2時より、JR亀有駅にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協葛飾第一支部から副支部長2名、監事の3名と日個連都営協葛飾支部3名の計6名が集まった。
 JR亀有駅に集合した両支部は、タクシー乗り場のある南口と北口に分かれて清掃を行うこととし、葛飾第一支部は南口の清掃を担当することとなった。以前も清掃を行ったことがある駅前のロータリーであったが、今回は前回よりもゴミが落ちており「これはひどい!」と一同が驚くほどであった。花が植えられた花壇だけはきれいに保たれているものの、植え込みなどには空き缶やペットボトル、弁当の食べ残しまで捨ててあった。他にも人目につかない場所を中心に多くのゴミが捨てられており、それらを集めるだけで、あっという間にゴミ袋2袋分、都営協の<支部が集めた分と合わせると3袋を超える量となった。
 清掃中には「ごみを捨てさせてほしい」と近寄ってくる人もいて、「ごみ箱が周辺にまったくない、ということも一つ問題なのでは」という声も上がった。

葛飾第一支部副支部長談
「葛飾区に事務所を構えて50年以上になります。地元の皆様に、日頃から個人タクシーを利用していただいている事への感謝の気持ちや、葛飾区に居住している組合員が相当数いる事を踏まえ、これからも地元に少しでも役に立てるような行事があれば、協力をしていきたいと思います。そして、他の団体ともこういう気持ちや思いを共有していくことも大切だと考えています。」