ja Japanese

葛飾第一支部(亀有駅前タクシー乗り場)

katsuichi
 
冬型の気圧配置により寒い日が続く1月10日(火)午後2時より、亀有駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協葛飾第一支部から支部長、副支部長2名の計3名と日個連浮間支部3名の計6名が集まった。

はじめに亀有駅南口交番に活動の趣旨を説明に行くと、それぞれの支部で北口と南口に分かれて清掃を行うことを決め、葛飾第一支部は南口を担当することとなった。「あまりゴミもなさそうだし早く終わるかもしれない」と話しながら清掃を開始したところ、駅から少し離れるとゴミが意外と多く、参加者全員が驚くこととなった。特にロータリー西側に隣接した「リリオパーク」という公園の前は、ホッカイロや壊れた傘、ペットボトル等が無造作に捨てられており、さらに格子状の側溝付近を中心にタバコの吸い殻が捨てられていた。参加者は植え込みの奥に捨てられたゴミを手で拾い、側溝に挟まったタバコの吸い殻を一本一本トングでつまみ出していった。

根気よくゴミを回収した後、北口の清掃を行っていた浮間支部と再度合流し、環境美化運動は無事終了した。

葛飾第一支部支部長談
「我々の支部は、亀有駅からほど近いところに支部を構え50年ほどになる。さらに支部員の三分の二近くが区内在住だということもあり、亀有駅は非常に身近な駅であり、その駅の清掃を行なえることを嬉しく思う。実際に掃除をしてみて、きれいになってくると気持ちが良く、やりがいも感じることができた。個人タクシーとして地域への貢献が大切だと考えている中、このような活動を今後も継続して行っていきたいと思う。」