ja Japanese
×
zh-CN Chinese (Simplified) zh-TW Chinese (Traditional) en English tl Filipino fr French de German id Indonesian it Italian ja Japanese ko Korean pt Portuguese ru Russian es Spanish th Thai vi Vietnamese

美化清掃運動の記事一覧

杉並支部(阿佐ヶ谷駅タクシー乗り場)


 日中は30度を超える暑い日が続いているものの、時折吹く爽やかな風に秋の気配がわずかに感じられるようになった、9月11日(月)午後2時より、阿佐ヶ谷駅のタクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協杉並支部から支部長、副支部長、経理事業部長の3名と日個連東京旅客支部3名の計6名が集まった。
 全員揃ったところで、近くの交番に清掃活動の挨拶を行うと、早速清掃場所を確認し、杉並支部は北口のタクシー乗り場とロータリーの清掃を担当することとなった。タクシー乗り場から始めた清掃活動であったが、前日まで秋祭りが行われていたせいか、駅前はロータリーにある生垣の中までほとんどゴミが落ちていなかった。そこでロータリーの清掃が終わると「せっかくだから少し遠くまできれいにしよう」と、中杉通りの方まで足を運び、側溝と街路樹の周りの清掃を丹念に行った。結局、拾ったゴミにはタバコの吸殻がほとんどなく、コンビニの袋や空き缶が少しと、街路樹の枯れ葉という内容であった。
 北口と南口に分かれて清掃を行っていた参加者たちは、南口に集合して「お疲れ様でした」「ゴミが少ないことは、いいことだね」と笑顔で報告し合い、清掃終了となった。

杉並支部支部長談
「前回も阿佐ヶ谷駅で美化清掃を行ったが、その時と比べると非常にゴミが減っている。駅を利用する方々の意識向上とともに、運転手のマナーも格段にアップしたのを肌で感じることが出来た。運転手やお客様の意識の向上の手助けと、周囲の方々への個人タクシーのアピールのためにも、今後も美化清掃を行っていきたいと思う。」

品川第二支部(品川駅高輪口タクシー乗り場)


 台風5号の影響で、曇天ながらも蒸し暑く風の強い一日となった、8月7日(月)午後2時より、品川駅高輪口の優良タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協品川第二支部から支部長、副支部長、交通共済部長の3名と日個連四〇支部3名の計6名が集まった。
 高温多湿による熱中症の予防のため、事前に「クールビズを心掛けた服装で清掃を行おう」と話し合っていたという両支部。ワイシャツの袖をめくり、タオルを片手に、駅前ロータリーのタクシー乗り場を起点として、高輪口全体の清掃を行った。品川駅は、乗降者数が渋谷を抜いて全国5位となった活気のある駅であり、この日もタクシー乗り場には絶え間なく人が並び、次々とタクシーが出入りしていった。その様な混み具合にもかかわらず、タクシー乗り場周辺では風の吹き溜まりとなった部分に枯れ葉や飛んできたと思われる紙切れのようなものがあるだけで、吸い殻は一つも見つからなかった。「お客さんもドライバーもマナーがいいね」と驚きの声を上げながらの清掃となった。
 開始と同時に汗だくとなった参加者たちは、時々休憩を挟んで体調を管理しながら清掃を続け、最後に全員で集合すると、「暑かった!」「お疲れ様でした」と互いに労い合い、清掃終了となった。
品川第二支部支部長談
「非常に暑い時期であったので、クールビズを心掛けて清掃を行った。品川駅の清掃は2回目だが、思った以上にゴミが落ちておらず、特にタクシー乗り場周辺のゴミや吸い殻が見当たらないことに、法人・個人ともにドライバーのマナーの向上を肌で感じた。品川駅は支部員も日頃からよく使っている駅であり、その駅がこのようにきれいなことは嬉しい事である。清掃活動というボランティア活動を通して、これからも地域貢献ができればと思っている。」

練馬第二支部(練馬駅タクシー乗り場)


 関東一帯で気温が30度を超え、群馬県や埼玉県など暑さで有名な所では軒並み35度以上となった、7月10日(月)午後2時より、練馬駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協練馬第二支部から副支部長と理事2名、日個連連合支部東京西北の3名の計6名が集まった。
 少し早く現地に集合した両支部は、お互いに挨拶を行うと、駅前ロータリーのタクシー乗り場を起点として、右回り、左回りに分かれて清掃を行うことを決めて清掃を開始した。参加者は、猛暑対策のために帽子とタオルを用意しての清掃となった。今回は、2年前と同じ駅にて同じ支部同士での美化運動ということもあり、「以前よりタバコのゴミが激減しているね」「植え込みの奥にはゴミが隠すように捨ててあるけれど、やはり少ないね」と、前回の清掃時と比較しつつ格段にきれいになっている駅前に、感嘆の声を上げた。
 途中、お金だけが抜かれた財布が2つも見つかる(発見後、交番に届けた)等、驚くようなゴミも見つかった美化運動であったが、最後には「きれいになっていて気持ちいいね」と汗だくになりながら笑顔で声を掛け合って終了となった。

練馬第二支部副支部長談
「2年前と比べると全体のゴミの量は目に見えて減っていて、特にタクシー乗り場周辺にはゴミはほとんどなく、タクシードライバーの意識の向上が感じられました。こうしてきれいにすることで『捨てづらい=きれいになる』という効果も生まれていると実感でき、嬉しく思います。公共道路を使って仕事をする立場として、この駅前の清掃活動は、社会貢献のためにも大事なことだと思います。そして団体という枠を超え、皆できれいにするということも意義があると思います。」

目黒第二支部(経堂駅前タクシー乗り場)


(写真提供:東京交通新聞)


梅雨入り宣言後、初めての月曜日を迎え、雨は降っていないもののどんよりとした雲がかかった6月12日(月)午後2時より、小田急線経堂駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協目黒第二支部から支部長、副支部長、経理理事の3名と日個連都民同盟支部3名の計6名が集まった。
 経堂駅は駅前に大小さまざまな商店街が5つ以上あり、周辺には中学・高校・大学もあるなど、アットホームな雰囲気とともに賑わいが感じられる駅である。集合した両支部は挨拶を行い、清掃箇所を確認すると、タクシー乗り場を中心に清掃することとした。目黒第二支部はロータリー内のバス停から商店街周辺までを担当した。「前回よりタバコの吸い殻は少ないようだ」「小さなゴミはないけれど、意外と大きなゴミは残っているね」と話をしながら、手際よく清掃を行い、清掃の終了時にはゴミ袋半分程のゴミを集めることができた。参加された都営協都民同盟の皆さんと積極的な交流も行い、「我々のボランティア活動を見て、同業者の方や周囲の方々にもその思いを感じていただければ」と終始和やかな清掃活動となった。

目黒第二支部支部長談
  「清掃活動等のボランティア活動は、しっかりと継続する必要があることはもちろんだが、本来は公共交通の使命を全うして、お客様との信用をきちんと築くことが何より大切であると思っている。個人タクシーとして、例えば法人タクシーより一つ上の接客を行うように心掛ける等、個人タクシーを選んでいただけるような営業を行うために、都営協さんとも意識の共有を行うことが出来、非常に有意義な美化清掃活動の場となったと思う。」

品川第三支部(蒲田駅タクシー乗り場)


 GW明けの月曜日を迎え、少し休み疲れを感じさせるような、かすみがかかってどこかぼんやりとした天候の5月8日(月)午後2時より、蒲田駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協品川第三支部から副支部長と理事2名の計3名と日個連東支部3名の計6名が集まった。
 蒲田駅東口に集まった両支部は挨拶を行い、清掃箇所を確認。東口と西口のそれぞれのロータリーを支部毎で分かれて清掃することとした。品川第三支部は東口ロータリーを担当することが決まると、タクシー乗り場を起点に、清掃を開始。車道の側道、歩道、横断歩道など手際よく掃除をした。ロータリーの中央に喫煙場所が設けてあるせいか、タバコの吸い殻もほとんどなく、落ちているとしても小さな紙屑ばかりで、「マナーがいいから、ゴミがないね」「あっという間に終わりそうだ」と話をしながら、清掃を行った。蒲田駅はJRと東急の3路線が乗り入れていることもあり、人通りがかなり多く、人の合間を縫っての清掃活動となった。

品川第三支部副支部長談
  「蒲田駅はお世話になっている組合員も多く、この駅でのボランティア活動が行えてうれしく思います。駅前からは大田区役所が近いこともあり、人通りを見ていただいても分かると思いますが、区の中心として非常に栄えている駅でもあります。こういう駅で清掃活動するということは、きれいにする素晴らしさはもちろんのことですが、清掃する姿をたくさんの方に見ていただくという点でも、大きな意味があると感じています。」

葛飾第二支部(亀有駅前タクシー乗り場)

 

 待望だった満開の桜も冷たい雨に降られ、花冷えの一日となってしまった、4月11日(火)午後2時より、亀有駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協葛飾第二支部から支部長、副支部長2名の計3名と日個連千住協組3名の計6名が集まった。  現地に集まった両支部はお互いに名刺交換を行うと、南口と北口のロータリーに支部毎で分かれることを決め、葛飾第二支部は南口ロータリーを担当することとなった。開始時間が近づくにつれ、雨脚がさらに強くなり、一時は延期も考えられた清掃活動であったが、「雨だといってゴミがなくなるわけではないから」と傘を差しながら清掃を早速開始。「南口は北口のようにタクシープールで待機する有志が清掃を自主的に行っていない分、少しゴミが多い傾向がある」と支部長の言葉通り、ロータリー周辺にはタバコの吸い殻や空き缶、レシート等がちらほらと落ちていた。冷たい雨のせいで手がかじかんでしまうほどであったが、「雨だからかえって落ちているゴミが目立って拾いやすいね」と笑いながら手際よくゴミを拾い、1時間もすると駅前はすっかりきれいに。清掃活動は無事終了した。

葛飾第二支部支部長談
 「亀有駅は地元ということで、支部員もお世話になっている愛着のある駅です。その場所を利用している方に、個人タクシーが清掃している姿を見ていただくことで、個人タクシーへの印象を良くしてもらい、タクシーをもっと使ってもらえるようになればと思います。今日はあいにくの雨でしたが『雨だからこそ、気を抜かずにしっかりやろう』という気持ちで清掃を行いました。このような活動が継続されることが大事だと思います。」

目黒第一支部(目黒駅タクシー乗り場)


  乾燥した晴れの日が続いていたところ、久しぶりの曇り空となり、急に寒さが戻ってきた3月13日(月)午後2時より、目黒駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協目黒第一支部から支部長、副支部長、事業部長の3名と日個連事業団支部3名の計6名が集まった。  現地に集合した両支部はお互い挨拶を行い、駅前ロータリーのタクシー乗り場を起点として、右回り、左回りに分かれて清掃を行うことを決め、清掃を開始した。ロータリー周辺の歩道、車道脇の溝や生垣等を重点的に清掃していったが、他の駅と比べても驚くほどゴミが落ちておらず、飲食店前でつまようじやレシート等の紙くずが落ちている程度であった。「ロータリーを一周回ってみたが、タバコの吸い殻が4~5本しか見つけられなかった」「タクシープールにもタバコの吸い殻は落ちていない。意識が高いね」という驚きの声が聞かれ、両支部ともほとんどゴミを拾うことなく一周終わってしまった。そのため、再度場所を変えて清掃を行うことを決め、目黒第一支部はロータリー中央にある大きな花壇周辺、事業団支部はロータリー以外の駅周辺の道を回って清掃を行うこととなった。  目黒第一支部が担当した花壇の周辺にはゴミがないものの、花壇の奥の方にはコンビニのビニール袋や投げ込まれたと思われる空き缶などが落ちており、花壇の中へ入った前田事業部長に、花壇の外側から「その先にもあるぞ」と指示を送りながら、ゴミを丁寧に拾っていった。  再度集合をした時には、両支部とも少しホッとした笑顔で、「ゴミが集まってよかった」「本当にゴミが少なくて驚いた」と口々に言い合いながら、美化清掃は終了となった。

目黒第一支部支部長談
 「目黒駅は私たちの支部でも昼夜問わず仕事をさせていただくことも多く、大変身近な駅です。今日の清掃では、とにかく『きれいだな』という印象で、マナーの良さを感じるとともに、地元の駅がきれいだということをうれしく思いました。
 このようにタクシー乗り場周辺がきれいだと、お客様も気持ちよくタクシーに乗れるでしょうし、さらにはタクシーの印象も良くなるのではないでしょうか。そういう意味では、このような清掃活動の回数をもっと増やしてもいいと思いますし、今日は本当にゴミが少なかったので、もう少しゴミがあるような場所での清掃活動となるようにした方がいいかもしれないですね。」

荒川支部(日暮里駅タクシー乗り場)


 冬らしく晴れて乾燥した日が続いている2月14日(火)午後2時より、日暮里駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協荒川支部から支部長、副支部長、理事の3名と日個連東京北支部3名の計6名が集まった。  10分前に現地に集まった両支部はまずお互いに名刺交換を行うと、駅前ロータリーを半分に分けて支部毎に清掃を行うことを決め、終了後に再集合を約束して清掃を開始した。荒川支部の担当となった駅前のタクシー乗り場をはじめとした周辺地域は、ほとんどゴミが落ちていなかったが、駅から離れた場所の清掃になるにつれ、吸い殻を中心に、食べ物の包装紙類、空き缶などが目立ちはじめた。そこで歩道や植え込み、車道の端等、ゴミの落ちていそうな場所に分かれて重点的に清掃した。  駅前やタクシー乗り場には大きなスーツケースを持った外国人が多く、清掃中に道を聞かれることもしばしばあったが、参加者はその度に作業を中断し丁寧に応対した。また、年配の方々が個人タクシーの青いベストを見て「個人タクシーさん、えらいね」「ご苦労様」と声をかけてくれる場面もあり、下町らしい温かい人情を感じながらの清掃活動となった。

荒川支部支部長談
 「日暮里駅は支部でも日頃より仕事させてもらっていますが、今日清掃してみて、タクシードライバーの皆さんの意識が高くなっているのを感じました。タクシープールの周辺はとてもきれいで数年前とは段違いで、びっくりするほどでした。  このような清掃活動を行うことで、周辺の方々に個人タクシーを認識していただくことは大切だと感じています。そして継続することで少しずつであっても評価をしていただけるようにしたいと思います。」

葛飾第一支部(亀有駅前タクシー乗り場)

katsuichi
 
冬型の気圧配置により寒い日が続く1月10日(火)午後2時より、亀有駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協葛飾第一支部から支部長、副支部長2名の計3名と日個連浮間支部3名の計6名が集まった。

はじめに亀有駅南口交番に活動の趣旨を説明に行くと、それぞれの支部で北口と南口に分かれて清掃を行うことを決め、葛飾第一支部は南口を担当することとなった。「あまりゴミもなさそうだし早く終わるかもしれない」と話しながら清掃を開始したところ、駅から少し離れるとゴミが意外と多く、参加者全員が驚くこととなった。特にロータリー西側に隣接した「リリオパーク」という公園の前は、ホッカイロや壊れた傘、ペットボトル等が無造作に捨てられており、さらに格子状の側溝付近を中心にタバコの吸い殻が捨てられていた。参加者は植え込みの奥に捨てられたゴミを手で拾い、側溝に挟まったタバコの吸い殻を一本一本トングでつまみ出していった。

根気よくゴミを回収した後、北口の清掃を行っていた浮間支部と再度合流し、環境美化運動は無事終了した。

葛飾第一支部支部長談
「我々の支部は、亀有駅からほど近いところに支部を構え50年ほどになる。さらに支部員の三分の二近くが区内在住だということもあり、亀有駅は非常に身近な駅であり、その駅の清掃を行なえることを嬉しく思う。実際に掃除をしてみて、きれいになってくると気持ちが良く、やりがいも感じることができた。個人タクシーとして地域への貢献が大切だと考えている中、このような活動を今後も継続して行っていきたいと思う。」

墨東支部(錦糸町駅前タクシー乗り場)

bokutou  
師走らしく、慌ただしさとともに、何か浮足立つような雰囲気の12月12日(月)午後2時より、錦糸町駅タクシー乗り場にて、個人タクシー環境美化運動が行われた。東個協墨東支部から支部長、副支部長、共済部長の3名と日個連東部支部3名の計6名が集まった。

支部オリジナルのウィンドブレーカーを着て集合した墨東支部の皆さんは、日個連東部支部の方々と挨拶を交わすと、南口、北口の順で一緒に清掃をすることを決め、ロータリー全体に分かれて清掃を開始した。「錦糸町駅周辺は整備されたばかりだから綺麗だよ」との小堀支部長の言葉通り、ゴミも少なく、植え込みと喫煙所周辺の清掃を中心に行った。ゴミは吸い殻やレシート、缶など多岐にわたってはいたが、やはり量はとても少なかった。清掃中には、地元で営業している個人タクシー事業者から声がかかるなど終始和気あいあいとしたムードでの活動となった。

南口ロータリーの清掃が終わると一度集合し「ゴミは少ないが、やはり植え込みには捨てられているね」「季節柄、枯れ葉も多いな」等の報告をし合いながら、北口ロータリーに移動し清掃を行い、環境美化運動は無事終了した。

  墨東支部支部長談
地元でもある錦糸町ということで、日頃道路を使うものとして、少しでもお返しができればという気持で清掃に挑んだ。前回は新橋駅を担当したが、新橋駅と比べると錦糸町は全体的に綺麗だと感じた。個人タクシーは夜の営業の方が多いので、昼間にこうした活動をすることで、地域貢献を通した周囲の方への認知度アップも図ることができると思う。また合同での清掃活動は、他団体であっても同じ個人タクシー、そして同じ地域で働く同士として、交流を促進するためにも重要な活動だと思う。
3 / 512345