ja Japanese

環境活動

基本理念

 東京都個人タクシー協同組合は「でんでん虫」の個人タクシーとして地域に密着したお客様のニーズを最優先に考え、「安全であること」「安心して乗車していただくこと」「快適な空間を提供すること」を追求し、社会に貢献してまいります。

基本方針

 本組合は、環境関連法規等を遵守し、環境経営システムを運用する中で次の環境活動を基本的方向として定め、全従業員のやる気を知恵を活用し、継続的環境負荷の低減に取り組みます。

1.二酸化炭素排出量削減
 ➀機械設備、証明設備、空調設備等の効率的な運用により、使用エネルギーの削減に取り組みます。
 ➁エコドライブによって排ガスの抑制に努めます。
 ➂社用車について、ハイブリッド車や低燃費車、低排出ガス認定車、電気自動車等の低公害車への切り換えに取り組みます。

2.廃棄物排出量削減
 ➀排出される廃棄物の分別の徹底とリサイクルを促進し、排出量削減に努めます。
 ➁使い捨て製品の使用や購入を抑制し、廃棄物の発生そのものを抑えるよう努めます。
 ➂業者に委託した産業廃棄物はマニフェストをもとに適正な処理が行われているか確認します。

3.水使用量削減
 ➀日常的な節水を励行し、使用量削減に努めます。
 ➁水道配管からの漏洩を定期的に点検します。

4.グリーン購入の推進
 ➀エコマーク製品や循環製品等の環境配慮の製品・サービスの購入に努めます。

5.環境配慮サービスの提供
 ➀美化清掃運動を実施し、きれいな街づくりへ貢献します。
 ➁セーフティードライバーコンテストへの参加や交通安全運動実施機関にのぼり旗を設置することにより交通安全・事故抑制の意識を高めます。
 ➂個人タクシー事業におけるグリーン経営推進チェックリストを活用し、エコドライブの推進、環境に配慮した点検・整備を実施します。
 ➃組合員に温室効果ガス削減への取組の働きかけを行います。

6.環境教育の充実
 ➀環境意識の向上を図るため、従業員を対象に定期的な環境教育を実施します。
 ➁美化清掃運動を継続し、地域・社会貢献の意識向上を図ります。

この環境方針を全従業員に周知します。
2012年12月1日
東京都個人タクシー協同組合
代表理事 秋田 隆